漢方を中心とした治療や温浴療法を用いた統合医療は広瀬クリニックにお任せください。

院長からのご挨拶

           

経 歴
  • 愛知県名古屋市生まれ。
  • 愛知県立旭丘高校、三重大学医学部卒。
  • 小牧市民病院、公立陶生病院、名古屋大学小児科、同大学院、春日井市民病院を経て
  • 平成22年5月、広瀬クリニック副院長。
  • 同年7月、広瀬クリニック院長就任。医学博士。
木許 泉
(きもと いずみ)
資 格
  • 日本小児科学会 小児科専門医
                認定小児科指導医
  • 日本東洋医学会 漢方専門医
  • 日本アレルギー学会 アレルギー専門医
  • 高濃度ビタミンC点滴療法認定医
所属学会
  • 日本小児科学会 
  • 日本東洋医学会 
  • 日本アレルギー学会など
その他

第41回「漢方研究」イスクラ奨励賞 受賞(2016年)
小児漢方懇話会 事務局長

ご挨拶

広瀬クリニックは、広瀬滋之前院長が平成元年(1989年)4月に開設いたしました。

以来、各種の小児疾患や急性疾患をはじめ、慢性疾患ではアトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、ニキビ、関節リウマチ、慢性肝炎、糖尿病、心身症、更年期障害、各種の老人疾患、各種のガン、特定難治性疾患など、あらゆる疾患の治療を手がけてきました。

治療の中には、漢方薬や針灸治療などの東洋医学をベースとし、各種の機能性食品や電子機器治療、分子整合栄養療法、SGEサンドバス、ラドン温浴、超高濃度ビタミンC点滴療法、整膚などを用い、代替医療にも積極的に取り組んできました。

広瀬クリニックの医療に対する日々の指針は、先哲の言葉や仏典にある下記の言葉です。
① 医も亦自然に従う
② 抜苦与楽


できるだけ人間にやさしい医療の構築を目指し、そのために、現代医療の良さを十分に活かしながら、東洋医学などの伝統医学や近年注目されている代替医療とタイアップして、新たなホリスティック(全体的)医療や統合医療の確立を目指しています。

私自身は、父である前院長の遺志を継ぎ、2010年7月に院長に就任いたしました。
小児科医療およびアレルギー診療・研究に長年携わって参りましたので、これまでの経験を活かし、小児科およびアレルギー疾患の診療もなお一層充実させていきたいと考えています。
また、女性漢方医として、女性(もちろん男性も可)の心と体の不調に対する相談などもおこなっていきたいと考えています。

地域の皆様はもちろんのこと、病に苦しむ人々に少しでもお役に立てる医療を提供したいと考えています。

以上のことをご理解いただきたく、ご挨拶とさせていただきます。

TEL 0566-24-6622

〒448-0858 愛知県刈谷市若松町6丁目37番地

木曜日、 日曜日、祝祭日

医療法人 広瀬クリニック

〒448-0858 愛知県刈谷市若松町6丁目37番地

TEL 0566-24-6622 FAX 0566-24-6880

木曜日、 日曜日、祝祭日